このページでは、巻き爪の基本的な情報や様々な治療法、おすすめの治し方などをお伝えしていきたいと思います!

巻き爪に悩まれている方のお役に少しでもなれれば幸いです。

 

そもそもどんな状態が巻き爪なの?

巻き爪とは、爪が内側に丸くなってしまい指に食い込んでしまっている状態のことを指します。

なので、自分で爪をみて爪が足の指に食い込んで痛みがあったりする場合は巻き爪になってしまっているといえます。

ちなみに巻き爪に悩む、ほとんどの人が足の親指で巻き爪を発症させています。

 

巻き爪の原因とは?

深爪

巻き爪の一番の原因はこの深爪です。

ついつい爪の白い部分はきれいに切ってしまたくなりますがその行動が問題なんです。

 

深爪をすると爪の下にあった皮膚の部分が出てくると思います。実はこの皮膚部分が爪の成長を妨げてしまうんです。

すると、縦に伸びることができなくなった爪は横に伸びます。その結果巻き爪になってしまうんです。

 

ハイヒールなど足に合わない靴を履く

AL002-ashiwodoor20140722500-thumb-260xauto-5309

自分の足にサイズがあっていない靴を履いたり、女性の場合だとつま先の尖った靴を履くことで巻き爪の原因となってしまいます。

自分の足より小さい靴を履いて歩いていると爪を圧迫していまい爪がどんどん食い込んでしまい巻き爪になっていまします。

またサイズが大きすぎても、歩いているとき必要以上に指が動き、巻き爪の原因になってしまいます。

靴はお店に行ってしっかりと専門の方の元サイズを測って買うのがおすすめです。

 

運動不足

爪はもともと巻いていく性質があります。運動をすることで指に圧力をかけ巻いてくる爪の巻く力が均等になりまっすぐに爪は伸びています。

それが運動不足になって足に負担をかけなくなってしまうとどんどん爪の巻く力が指にかかってしまい巻き爪の原因となってしまいます。

 

お年寄りに巻き爪が多いのは運動不足が関係しているからです。

足腰が悪くて歩くことができないという場合は足の指を刺激してあげたり専用の器具を使うことで巻き爪になるのを防ぐことができます。

通常の健康な人の場合はウォーキングなどをするだけで巻き爪の対策をすることができます。

 

遺伝

親や祖父母が巻き爪だと巻き爪が遺伝してしまう場合があります。

こういった場合は、できるだけ巻き爪になる状況を予防していくのが効果的です。

 

爪水虫

tume

爪水虫になると爪が柔らかくなってしまい、爪の成長の力に耐えきれず徐々に爪が巻いていってしまい巻き爪の原因となってしまうことがあります。

 

自分でできる巻き爪を治すための方法

 

巻き爪用クリップ

巻き爪用クリップを使った巻き爪治療は、その名の通り巻き爪を元の形に戻すことができるよう設計されたクリップを使うことで行う治療法です。

 

巻き爪用クリップのメリット
  • 自分でつけたり外したりできる
  • 一度購入してしまえば費用はかからない

 

 

巻き爪用クリップのデメリット
  • 重度の巻き爪の方には使えない
  • クリップ自体の力がそこまで強くないので矯正力が弱い
  • クリップがかさばるため、靴下などに引っかかる

 

 

 

コットン

コットン方は、巻き爪になっている爪の間にコットンを入れる方法です。

すぐに痛みを緩和できるので、巻き爪の痛みをどうにかしたい人におすすめです。

 

コットンのメリット
  • すぐに痛みを解消できる

 

コットンのデメリット
  • 一時的なものなので、巻き爪そのものを治すものではない

 

 

巻き爪ブロック

巻き爪ブロックは巻き爪を治すための矯正器具です。

かなり人気が高く、手軽に購入&使用できる巻き爪のグッズです。

 

巻き爪ブロックのメリット
  • 価格が安い
  • 手軽に使える
  • つけたまま普段の生活ができる

 

巻き爪ブロックのデメリット
  • つけてすぐに治るわけではない
  • ある程度時間がかかる
  • 重度の巻き爪には使えない

 

 

巻き爪ロボ

巻き爪ロボは巻き爪ブロック同様、巻き爪を治すための矯正器具です。

巻き爪ブロックとは違い、自分で力を加えて矯正ができるのでその日に大幅の改善が見込めるのがポイントです。

 

巻き爪ロボのメリット
  • 自宅で巻き爪を矯正できる
  • 手軽に使える
  • 痛みを最小限に抑えることができる

 

 

巻き爪ロボのデメリット
  • 価格が高い
  • 何度も使う必要がある

 

 

病院でできる巻き爪の治し方

病院で受けることができる巻き爪の治し方についてそれぞれ紹介していきたいともいます。

 

ワイヤー法

超弾性ワイヤーを使った巻き爪治療は、昔からある治療法なので多くの方が知っているものと思います。

軽度の巻き爪であれば効果は高く、感知する可能性は高いです。軽度の巻き爪でも気長に治療を続ければしっかりと完治させることができます。

ただ、重度の巻き爪の場合ワイヤーを通すことが出来ないため超弾性ワイヤーを使った治療は難しいです。

超弾性ワイヤーを使った巻き爪治療のメリット

  • 爪を切除する必要がない
  • 治療の際にほとんど痛みがない

 

 

超弾性ワイヤーを使った巻き爪治療のリスク

  • 爪が伸びていないと治療できない
  • 穴を空けるので爪が割れる可能性がある
  • 重度の巻き爪の治療には向かない
  • 保険適用外

 

 

フェノール法

巻き込んでいる爪を根本から切り取り、その後爪が生えてこないようにフェノールを塗ります。

するとその後はきれいに四角い爪が生えてきて巻き爪になる心配がなくなるというものです。

 

フェノール法のデメリット

  • フェノール法をしたところからは爪が一生、生えてこない
  • 巻き爪の再発する可能性がある
  • 爪が必ずしも綺麗に四角く生えてくるわけではない

 

プレート法

プレート法とは、記憶形状合金プレートを用いて爪の形状を元の形に引っ張り上げる治療法です。

記憶形状合金プレートを爪にくっつけることで、プレートが戻る力を利用して一緒に爪も戻すという感じです。

 

 

プレート法のメリット
  1. つけた瞬間から爪の痛みが取れることがほとんど
  2. ワイヤー矯正などのように爪に穴を空ける必要がない
  3. 爪を切除する必要がない
  4. 治療時間が短い(10分ほど)

 

プレート法のリスクなど
  1. 重度の巻き爪には使えない
  2. 保険がきかないのですべて自費になる
  3. プレートが剥がれたら再度付け直す必要がある(費用がかかる)
  4. 完治までに1年近くかかる
  5. 1か月~2か月に1回は病院に行く必要がある

引用元:https://www.makitumerobo-review.net/pure-to/

 

 

 

VHO法

VHO法とは巻き爪治療専用のワイヤー(スチール鋼)を巻き爪の両単にかけて、ワイヤーが戻る力を利用して巻き爪を矯正していくという治療法です。

  • 治療費:1カ所約10,000円
  • 治療期間:6か月~1年

 

 

VHO法のメリット
  • 治療時に爪を自体を傷つけたり、穴を空けたりする必要がない
  • 痛みをほとんど伴わない
  • ワイヤーなのでプレートの治療などと違い外れにくい
  • つけたままでも運動などをすることができる

 

 

VHO法のリスク
  • 重度の巻き爪には向いていない
  • 巻き爪が治るまで時間がかかる(6か月~1年)
  • 保険が使えない

引用元:https://www.makitumerobo-review.net/vho/ 

 

B/Sブレイス法

B/Sブレイス法とは、ドイツで生まれた巻き爪の治療法です。

治療には特殊なスプリング性能がついた樹脂プレートを用います。

治療の方法としては、このプレートを巻き爪になっている爪の部分に張り付けるだけとなっています。そのため痛みを伴わずに巻き爪を矯正できます。

 

 

B/Sブレイス法のメリット
  • 爪を切除することなく巻き爪を治せる
  • 治療の際に痛みを伴わない
  • プレートは透明なので付けていても目立たない
  • プレートを付けたままでも、日常生活にも支障をきたさない

 

 

B/Sブレイス法のリスク

  • 重度な巻き爪には使うことが出来ない
  • 治療完了まで少し時間がかかる
  • プレートが剥がれると再度張りなおす必要がありその都度お金がかかる(1枚5000円~)

引用元:https://www.makitumerobo-review.net/bsbureisu/

 

B/Sスパンゲ法

B/Sスパンゲ法は、プレートを爪の表面に装着し、Bスプリングの力が爪全体に分散されるので、矯正される共に即効的に痛みを軽減することができます。

手術のように外科的な処置をすることが無いので、施術時の痛みがほぼありません。

 

また、ワイヤー矯正のように、爪に穴をあけることもありませんので、爪自体も傷つくことはありません。

 

痛みのある部分にピンポイントで装着可能ですので、すぐに痛みも軽くなります。そして、プレートの装着位置を変えることで、爪の先端から根元まで矯正することが可能です。

 

 

B/Sスパンゲ法のメリット
  • 施術時の痛みがない
  • 施術直後から痛みが軽減できる
  • 矯正中もほとんど目立たず、スポーツやネイルを楽しむことが可能
  • 爪の生え方を矯正できるので、根本的な改善が可能となり、再発のリスクが低くい
  • グラスファイバー製なので、金属アレルギーの人でも装着可能できる

 

B/Sスパンゲ法のデメリット
  • プレートが簡単に取れてしまいやすい
  • 取れてしまった場合、再度付けてもらう必要がある(5000円~)
  • 取り扱っている病院が少ない
  • 完治までに時間がかかる(半年~1年)
  • 重度の巻き爪はプレートが装着できないため向いていない

引用元:https://www.makitumerobo-review.net/bss/

 

 

インベントプラス法

インベントプラス法とは巻き爪になっている両端にワイヤーをひっかけ、ワイヤーをねじあげる力で爪を元の形に矯正していくという治療法です。

 

  • 治療にかかる期間:6か月~1年
  • 治療費:8000円~1万円

 

 

インベントプラス法のメリット
  • 手術をするよりもきれいに巻き爪治療ができる
  • 爪を切ったり、穴を空けたりする必要がない
  • 重度の巻き爪でも対応可能
  • 爪が短くても治療ができる

 

 

インベントプラス法のリスクやデメリット
  • 巻き爪治療完了までに時間がかかる
  • ワイヤーを爪にひっかけて治療をおこなうため、少なからず爪が割れる危険性がある
  • 取り扱いをしている病院の数が少ない
  • 治療の際に保険が使えない

 

引用元:https://www.makitumerobo-review.net/インベントプラス法

 

ペディグラス方式

ペディグラス方式とは合成樹脂の弾性力を利用して巻き爪を治す方法です。

 

ペディグラス方式のメリット
  • 爪を切除したり穴を空けたりする必要がない
  • 装着しながら激しい運動もできる
  • 見た目がよい
  • 陥入爪でも対応できる

 

 

ペディグラス方式のリスク
  • 治るまでに時間がかかってしまう(2か月~1年)
  • 1か月ほどで付け替えをする必要がある
  • 重度の巻き込んだ巻き爪には向いていない

引用元:https://www.makitumerobo-review.net/pedexigurasu/

 

 

アクリルガーター法

アクリルガーター法とは、

巻き爪になっている爪の間にチューブを挟んで爪が指に食い込んでいくのを防ぐといった治療法です。

 

アクリルガーター法のメリット

  • 重度の巻き爪でも対応して治療ができる
  • 爪を切除したりする必要がないので痛みがない
  • 保険を使って治療が受けられる
  • 治療部分が目立たないので日常生活でも問題がない
  • 陥入爪でも対応ができる

 

デメリット

  •  治療の際に麻酔を使う必要がある
  • なれるまで爪に違和感がある
  • 病院で経過を見てもらう必要がある
  • 完治までに期間がかかる

引用元:https://www.makitumerobo-review.net/アクリルダガー法

 

 

爪母全切除法

爪母全切除法というのは、巻き爪になっている部分爪を爪の根元から切除するという治療法です。

 

 

爪母全切除法のメリット

この治療法のメリットとしては、

  • 爪がなくなるので一生巻き爪になる心配がない
  • すぐに巻き爪の痛さからは解放される
  • 保険を使って治療ができる

 

といったメリットがあります。

爪がなくなるので、巻き爪に悩む心配はなくなりますが、少しの間痛みに耐える必要があります。

 

 

爪母全切除法のリスク
  • 爪が二度と生えてこなくなる
  • 爪を切除急いてからしばらくの間痛みがある
  • しばらく運動が制限される
  • しっかりとした先生を探さないと後遺症が残る

巻き爪ロボa.biz/爪母全切除法/

 

 

おすすめの巻き爪の治し方

重度の巻き爪であれば、すぐに病院に行って治療を受けるのが先決です。決して自分だけでどうにかしようとしてはダメです。さらに症状が酷くなってしまってはどうしようもありませんので。

 

症状がある程度軽いのであれば、巻き爪ロボや巻き爪ブロックを使った治療はおすすめです。

自宅で出来るので比較的簡単にすることができます。

 

 

巻き爪にならないための予防策

巻き爪にならないようにするには、適度に運動することや爪を正しい方法で切ることが大切です。

この2つをしっかりと行うことである程度巻き爪の予防をすることができます。

 

 

 

できるだけ早く巻き爪を治しておいた方がいい理由

膿がでる

爪が指に食い込んでしまうと、傷ができてしまいそこから膿がでてしまうことがあります。

管理人もこの症状にはかなり悩まされました。。。

 

 

指切断の危険性

膿が酷くなると、指が化膿してしまい、最悪指を切断することになってしまうこともあります。

実際の事例としてもあることなので他人ごとに考えるのではなくはやめに治療する必要があります。

 

 

歩けなくなる

巻き爪が重傷してしまうと歩くだけで痛みが出てしまいます。

そうなると最悪、歩くことが出来なくなってしまいます。